好きだった人の前でズッコケました

高校生の頃です。3年生の受験シーズン、放課後に仲良しなメンバーで勉強会を毎日のように開いていました。好きだった人は受験と言っても推薦で、推薦以外のメンバーの勉強に付き合ってくれてた形でした。いつもは学校で勉強していたけれど、その日は気分転換に近くの私立図書館の外ベンチで勉強することに。男子4人、女子3人でひたすら勉強しました。図書館も閉館時間になり、外灯の中勉強していて好きな人に外で勉強を教えてもらったりしていつもと違う雰囲気にドキドキ。何となく、教室の明かりより外の電柱の灯りで照らされてカッコよく見えたりしていました。実際は、他の3人はイケメンで、私の好きな人はかっこいい訳ではない。けれど、なんか面白くて好きだった事を覚えています。飽きてきて、図書館の周りをリレーしようと言うことに。制服だし、ローファーだし、そんなこともお構いなしでみんなで走る。「青春じゃん」とか言ってふざけてました。私は、その好きな人と走ってたのですが、みんなのいる所へ着くぞー、と言うところで足が引っかかって見事なくらいひっくり返り転びました。しかもスカートも大胆にも捲れ上がってパンツ丸見え。見られていると思うと悲しくて。さらに恥ずかしさがMAXで、膝が擦りむけているのも気がつかないくらいでした。その場では「大丈夫〜!!ケラケラ」なんて笑って誤魔化してましたが、最後の最後に最悪な勉強会だった事を今でも覚えています。パンツも見られて、恥ずかしさにより、しばらく学校で目を合わせられなかったです。